相手の好みに合わせられる贈り物

相手が選択するシステム

贈り物をする際には、相手の好みに合わせた選択をすることが大切です。しかしその好みが常に把握できるとは限らず、贈るタイミングによっても失敗するというリスクが付きまといます。だからといって直接訊ねるのは不躾な対応になってしまうことが多いです。そんな時に活用できるのがカタログギフトで、まずは色々な商品が掲載された冊子だけを相手に送ります。その中から欲しい物を贈られた人が直接選んで、付属するはがきを送ったりオンライン上での手続きを済ませると、商品が届くというシステムです。冊子には電化製品や食器など、多種多様な商品がラインナップされています。選択肢が非常に豊富なので、欲しい物が見つかる可能性が高く、好みを気にせずに済む贈り物です。

形に残らないものも選べる

贈り物を受け取る側の中には、置き場所に困るなどの理由で、物自体が必要ないという人もいるでしょう。そんな人にも対応できるように、カタログギフトの中には食品や商品券など、使ってしまえば形に残らない物を選択できるタイプもあります。おめでたい時など贈り物をする理由によっては、形に残らない物が望ましくないとされる場合があります。しかしカタログギフトだと贈るのはあくまでも冊子で、形に残る物も選択肢に含まれるので特に問題にはならないでしょう。そしてカタログギフトは冊子を受け取ってから商品の申し込み手続きをするまでに、数か月の期間が設けられています。そのため贈られた側は、時間をかけて本当に欲しいと思える物を選ぶことができます。