定番の安定した商品!だけど新鮮さが少ない?

贈り物の定番カタログギフト

結婚式の引き出物や内祝い、香典返しなど贈り物の定番としてよく選ばれるカタログギフト。年齢や性別を選ばず贈ることが出来るのでとても重宝します。また贈るお相手の好みが分からなくても、カタログギフトなら自分で好きな商品を選ぶことが出来るので喜ばれることも多いです。カタログギフトの内容もグルメやインテリアに特化したものや、体験型ギフトなど様々な商品があるので贈る相手に合わせたカタログギフトを選ぶことが出来ます。オンラインで購入した場合でも複数の送り先に配送できるサービスも多く贈る人数が多い場合にもとても便利です。そんなメリットがとても多いカタログギフトですが、今回は少し気を付けたいデメリットについても見てみましょう。

気を付けたいカタログギフトのデメリット

カタログギフトのデメリットは注文するのが少し面倒だということです。カタログギフトではカタログの中から自分の欲しいものを選び、付属のお申し込みハガキかネットで注文しなければなりません。それが面倒だと注文しない方、後で選ぼうと思って気付いた時には有効期限が切れていたということもあります。また、人によっては贈り物でカタログギフトは心が込もっていないような感じがして少し素っ気ないなと思う方もいるようです。そのような方には少し向かない商品かもしれません。そしてカタログギフトの中に欲しい商品がなかったという場合もよくあります。そのような事態を防ぐためにもお相手の好みがあらかじめわかる場合には贈る方の趣味に近い内容の商品を選ぶことも必要です。