予算に応じて選べる贈り物

贈る側が商品を選ばずに済む

贈り物をする際には、何を贈れば良いのかを考えることがネックになりやすいです。親しい間柄であれば簡単に決められることもあるかもしれませんが、冠婚葬祭などであまりよく知らない相手にも贈り物をしなければならない場合もあります。そんな時に活用できるのがカタログギフトで、贈る側は冊子のみを差し出します。カタログには食品や電化製品など様々なものが掲載されていて、受け取った側はそこから自分の好きなものを選ぶというシステムです。個別に商品を購入する必要がなくなり、カタログのみを選ぶだけで良いため、手間が大幅に省けます。そしてカタログに載っているものは非常に幅広いので、いらないものを贈ってしまうというリスクを下げることができます。

価格帯ごとにまとめられた冊子

カタログギフトは基本的に、ひとつの冊子にラインナップされているものは同等の価格帯です。カタログは3千円や1万円など、金額によっていくつかの選択肢が用意されていることが多いです。そして金額でカタログを選択すれば、その価格帯の商品を贈ったことと同じ形になります。冠婚葬祭の祝儀や香典などは、受け取った金額に応じたお返しをしなければなりません。そんな時に活用できる強みで、予算の計算もしやすいです。受け取る側にしても、どれを選んでも同等の価格帯なので、掲載されている商品の特徴のみを見て選ぶことができるというメリットがあります。選択次第で金額の一部を支払うことになったり、送る側の負担が大きくなるといった心配をせずに済みます。