相手の好みのものが掲載されていないこともある贈り物

カタログギフトに相手が欲しいものが掲載されていない場合がある

規定の価格帯の中で相手の好みに合わせて商品を選んでもらえるのが魅力的なカタログギフトですが、カタログギフトにはメリットだけでなくデメリットもあります。贈ったカタログギフトの商品一覧の中に相手の好みに合う商品が載っていない場合があるのです。カタログギフトは、冊子の中に載っている商品でないと交換できません。

相手の好みに合うものが商品一覧に載っていないという失敗の予防法が、カタログギフトを選定する際に可能な限り商品ジャンルの種類が多い冊子を選定する方法です。またカタログギフトを贈る相手が少なく相手の好みがわかっている場合には、相手の好みに合いそうな商品が多く載っているカタログギフトを選定することを推奨します。

商品券やギフトカードを選べるカタログギフトもある

カタログギフトの種類によっては、商品券やギフトカードと交換できるものもあります。商品券やギフトカードが選択肢の中に入っているため、商品一覧の中に好みの商品がなかった場合でも相手が本当に欲しいものを購入することができるのです。 初めから商品券やギフトカードを贈りたいと考えても、相手に失礼なのではないかと思い悩んでしまう人もいるでしょう。しかしカタログギフトとして贈ることで、贈り主も貰った相手も気を遣うことなく商品券やギフトカードとしてプレゼントを受け取ることができるのです。カタログギフトを贈りたい相手の好みがはっきりとわからない時には、商品券やギフトカードを選べるカタログギフトを選定することを推奨します。