相手が申し込みをしなければならない贈り物

申し込みが面倒だと思われる

カタログギフトは相手が好きなものを選べるので良いと思いがちですが、必ずしもそうではないので注意が必要です。カタログギフトをもらった相手は数多くのものの中から一つ選ばなければなりません。一つに絞り切れない人もいれば、これといった欲しいものがない人もいます。この段階で面倒だと思い、そのまま放置し有効期限が過ぎてしまうこともあります。有効期限が切れても対応してくれる会社もありますが、必ずしも対応してもらえるとは限りません。また、欲しいものが決まったらハガキを出さなければなりません。最近ではハガキを出すことも少なくなり、このことを面倒に感じる人もいます。ハガキではなく、メールやウェブでも申し込みができるようになっていますが、入力項目が多く面倒だと感じる人もいます。

カタログギフトのシステムが分からない

カタログギフトのシステムを理解していない人もいます。特に高齢者の場合、カタログギフトが届いても何をすれば良いのかわからない人も少なくありません。ただ単に分厚いカタログが届き、何かのセールスと勘違いする人もいます。カタログを雑誌が届いたと思い、そのまま申し込みをしないケースもあります。そのため、相手によってはカタログギフトではなく、シンプルに贈り物を送った方が良いケースも数多くあります。カタログギフトの場合、気持ちが伝わらないと感じる人も多いです。贈り物は相手の好みを考え選ぶことが大切だと考えられてきました。その相手を思い選ぶということを省略したカタログギフトのシステムが受け入れられないと感じる人もいるのです。